【介護施設・老人ホーム】資料は郵送してもらえる!?資料請求の方法まとめ

こんにちは、退院調整看護師のさやみんです。

あなたは

老人ホームの資料請求ってどうやるの?

と悩んではいませんか?

今まで老人ホームや介護施設などになじみのなかった方にとっては、どのように連絡すればいいのか直接施設へ連絡してのかなどわからないことがたくさんあると思います。

今回は

タイトルが入ります。
  • 老人ホームや介護施設へ初めて資料請求をしようと考えている方
  • 資料請求の方法がわからない方
  • 直接施設へ連絡するのに抵抗がある方

このような方に向けて、施設入居に向けた資料請求の方法についていくつか紹介したいと思います。

 

資料請求の基本は郵送

まずは郵送してもらえるかどうかですが、基本的には施設に問い合わせてから、資料を自宅に郵送してもらうというのが基本的な流れになります。

 

しかし施設によっては人的な理由もあり、大量に資料を送付するのが困難で

「直接取りに来てください」

と言われてしまうこともあります。

施設側の状況によっても資料請求の方法は異なるということですね。

介護施設・老人ホームの資料請求の方法

まず気になる老人ホームや介護施設が存在する前提で話しますが、その施設がしっかりご本人の状態にあっているか、入居後トラブルにならないかどうかなどもしっかり調べる必要があります。

その際にはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

そして資料請求のための方法はを以下の通りです。

資料請求の方法
  • 施設のサイトから資料請求を申し込む
  • 電話で問い合わせて直接請求する
  • 施設検索サイトを通して申し込む

資料請求の方法としてはこの3通りがあります。

それぞれの方法や手順について詳しくお伝えしていきます。

施設のサイトから資料請求を申し込む

施設ではほとんどインターネットなどでサイトを公開しており、そのサイトに資料請求のフォーム(名前や住所を入力することで簡単に資料請求ができてしまう欄)があることも。

そのようなサイトでは、そのフォームの入力方法に従って入力することで簡単に資料請求をすることが出来ます。

 

またそのような介護施設では、反対に電話での資料請求が制限されていることもあるためインターネットやパソコン操作に不慣れな方は少し大変かもしれません。

そのような方は次の電話での資料請求や、施設の検索サイトを利用する方法が簡単でおすすめです。

電話で問い合わせて直接申し込む

最も初歩的ですが、確実な方法です。

介護施設の電話番号を自分で調べて直接電話するため、労力がかかったり、口頭で個人情報などを伝える必要もあるため電話番号や番地などの聞き間違いというリスクもあります。

また一つの施設ならまだしも、複数の施設を検討するとなるとかなり大変な作業になります。

 

複数検討している方は下記の検索サイトを通じて申し込む方法が簡単で便利です。

施設検索サイトを通じて申し込む

施設検索サイトとは聞いたことがない方もいるかもしれませんが、全国や地域に応じた老人ホームや介護施設の情報をインターネット上に公開しており、その情報を閲覧しながら一緒に資料請求まで出来てしまうサイトのことです。

デメリットとしては、すべての介護施設が公開されているわけではなく、そのサイトに希望の施設や老人ホームが掲載されているとはかぎりません。そのような場合には、自分で直接施設に問い合わせるなどの手続きが必要となります。

しかしそのメリットは手間がかからないということ。

最初に書いた介護施設のサイトから直接申し込む方法とも似ているようですが、明らかに手間が格段に違います。それぞれの施設のサイトへアクセスし、個々に名前や住所などの入力をするとなると手間も時間もかかり大変ですが、この施設検索サイトなら、1回だけ名前や住所を登録すれば、その後他の施設の資料請求をするときには入力の手間が省けるというメリットもあるのです。

施設検索サイトを利用するメリット
  • 1回の登録で複数の施設の資料請求ができるため、手間がかからない。
  • 簡単にたくさんの施設の情報を見ることが出来る。
  • 直接聞きづらい費用のことまで詳しくわかる

このようなサイトを利用すれば、簡単にしかも手間もなく資料を手にすることができますよ。

私が個人的におすすめしている「ライフル介護」は全国対応・完全無料で数多くの施設を紹介しているため初めて資料請求をしたい方にピッタリです。



 

 

資料請求の方法は施設に違う

最後に注意していただきたいのは、施設によって資料請求の方法は違うということです。

残念ながら、すべての施設が簡単に資料請求できる方法というものはありません。

 

中にはこじんまりと経営している施設もありますので、そのような施設はサイトでは対応不可能のため電話で直接連絡する方がいいでしょう。

なのでその施設がどんな施設なのか?を知るためにもまずは検索サイトなどを通して掲載されているかどうかを見てみるのもおすすめの方法です。

そのサイトに載っていなかった場合は、直接連絡をするしかないですからね・・・

 

ちなみに上記で紹介したライフル介護よりも多くの種類の施設を掲載しているサイトとしては

「かいごDB」というものもあります。

担当者が親身になって施設探しの相談にも乗ってくれるため、相談しながら施設を見つけてみたいという方にはこちらの検索サイトを使ってみましょう。




手間や労力がかかってしまう施設探しですが、無駄な時間をなくし、少しでも楽に探すためにもこのようなサイトを使ってみてはいかがでしょうか?