親が物忘れが増えたり、話が噛み合わなくなってきた時に、

「もしかしたら認知症かも?」

って思うこと、いつかは来ると思います。

 

もしかしてあなたもそう感じたことはありませんか?

 

でもそうした時に

「認知症かもしれないから病院に行こうよ」

って子供としてはなかなか言えないですよね ・・・

 

先日ヤフーニュースで、認知症の母の受診の難しさを伝えている記事を見て思わず

そうだよなぁ・・・

と同感してしまいました。

 

 

今回はその認知症の親を抱える家族の葛藤について書いてみたいと思います。

 

認知症は放置すればするほど大変になる

最初は、 ちょっと話が噛み合わなかったり、物忘れが多くなってきたくらいのレベルでも、 時間が経つにつれ、家族のアドバイスを聞けなくなってしまったり、性格自体が変わってしまったり・・・

 

本気でどうにかしようと思う時には、

本人が全く受け入れない状態になってしまっていることもたくさんあります。

 

実際に入院した後に、

どうしてここまで放置してしまったんだろう?

と思うような認知症の方もいましたが、ご家族に話を聞くと

 

「何度も病院に連れて行こうと思ったんですけど、本人が納得しなくって・・・

無理やり連れて行ったこともあるんですけど、病院を嫌がって拒否して帰ってきてしまうんです。

一時期、疲れ果ててデイサービスに入れても、スタッフの方に迷惑をかけてばかりで、結局ダメになってしまったんです。」

 

といったケースもありました。

 

認知症と診断された場合には、家族が早期にどう行動するかがその先の将来を決めると言っても過言ではないと私は思っています。

 

とは言っても、認知症の方って自分が認知症だなんて認めたくないんですよね。

 

「今まで通り生活は出来ているし、何も問題はないでしょう?」

っていうように、自分の認知症を認めない、信じない方はたくさんいます。

 

というかそれが認知所なので(笑)

 

家族がちょっと

「認知症かもしれないよ。」

「心配だから見てもらおう」

って言っても自分はそんなはずがない!って思っちゃうんです。

 

だから家族としてはどうしていいのか分からなくて困る。

そんな時にちょっと私看護師なりのアドバイスをしてみてもいいでしょうか?

 

解決のポイントは他人を巻き込むこと

何が大事って家族だけで悩まないことです。

 

介護保険を使っているのであれば、ケアマネやデイサービスヘルパーさんなどといったサービス担当者がいると思います。

もし介護保険を申請しておらず、それさえもご本人が嫌だと拒否をしている場合には、かかりつけの病院がきっとあるはずです。

またはご近所同士で仲良くしているお友だちもいませんか?

 

そういった家族以外の資源をフル利用することが、認知症の方のサポートを一歩先に進めるためには重要だと感じています 。

 

先月見たヤフーニュースには、

ケアマネさんには相談したけれども、病院にも連れて行ったけれども長谷川式の認知症スケールで満点を取ってしまったために、母のサポートが何も受けられなかった

と言った記事がありました。

 

認知症の怖いところはここなんです。

 

確かに認知症を診断するためのスケールや検査はあるけれども、そこでご本人が頑張ってしまったり、早期すぎて全く結果が出ないということも少なからずあるんですよね。

 

そうなると認知症の診断さえおりない。

 

介護保険を使う場合の認定調査に何度も立ち会ったことがありますが、家族が「認知症がある」とアピールしても、ご本人が面接官に対して100%完璧な答えを返してしまうことが多いこと(笑)

「自分は正常」「悪いところは何もない」と、知らない面接官にアピールし、しっかり受け答えが出来てしまうのも、認知症のれっきとした症状のひとつなんですよね。

 

それを初めて会った人間(面接官や、初めて診察する医師)としてはそれが本当に認知症の症状なのかどうかが判断できません。

もちろん経験豊富で勘の鋭いプロなら、しっかりここを分かってくれることもあります。

 

だからここで大事なのは、今まで長く本人と付き合ってきた介護保険のサービスの人や病院かかりつけの病院の先生や看護師さんを活用するということ。

本人としても今まで長い付き合いの中で信頼関係を築けてきた立場の人間であれば、その方のアドバイスを聞いて

「じゃあお願いします」

っていう方向に持っていきやすい。

 

つまり本人が「介護保険も嫌だ」「施設入居も嫌だ」「認知症の病院へ行くなんてもっと嫌だ」と言った場合には、今まで本人が信頼しているようなケアマネさんであったり、あるいはかかりつけの病院をひっくるめて勧誘してもらうっていうのが私なりの解決法です。

 

もし私がそういった相談を受けた場合、診察前に主治医に

「○○さん、認知症疑いで家族が相談に来られています。看護師からも最近言動が心配なところもありますが、先生としてはどうですか?」

となげかけますね( ̄ー ̄)

そして事前に主治医と、家族が「介護保険のサービスを使いたい」などの要望を共有し、どのように本人にお話をしていくかを考えます。

 

そうすると医師からも

「○○さん、最近お薬飲めてないって聞いたけど。娘さんも心配してるし、このままじゃ病気が悪くなっちゃうよ。介護保険使ってみない?」

というような投げかけをしてもらうことも可能です。

またご家族からの情報をもとに認知症の診断につなげてくれることもあります。

 

かかりつけに相談するということはココができるのが何よりの強み。

今までの経過を知っている医師や看護師が、その経過をもとにしっかり見てくれるんです。

 

だから家族としてはこの診察に付き添って、家族が詳しい生活の様子やこの先どうサポートをしていきたいのかを伝えることが重要なんです。

もちろん介護保険を申請する際には、かかりつけの医師に主治医意見書を書いてもらいましょう。

認知症の診断は専門病院以外でもできる

認知症の診断のためには、専門の病院へ行かないといけないと思っていませんか?

決してそんなことはありません。

 

かかりつけの小さな診療所で認知症の診断を受けている方もたくさんいます。

しかしその症状がかなり出現していて、レビー小体認知症などの早期の治療が必要な場合には、専門の病院に行くべきですが、決して専門病院に行かないと診断してもらえないということではありません。

 

ですので、まず

「認知症かもしれない」

と思った場合には、いつものかかりつけの病院へ相談してみるといいでしょう。

家族だけで悩まずに、適切な場所に相談を

認知症は隠れて進行していくので、他人からはその変化を感じ取りにくくなってしまいます。

ですので、一番身近にいる家族がその変化を感じ取り、早期に介入をしてあげることが認知症の進行を遅らせて、元気で長く生活するためには大切となってきます。

 

ご家族が共倒れにならないためにも、ここで紹介した方法などを活用しながら、認知用の診断から介護保険のサービス導入までうまく進めてもらえたらと思います。

高齢者にとって、かかりつけの先生っていうのは本当に神様のように崇拝している方も多いです(笑)

 

「あの先生が言うなら間違いない」

といって、頑なに拒否していたデイサービスに行き始めたお父さんもいました(*^-^*)

そういった方から違ったアプローチをしてもらうということで、本人を動かすといった方法も出来るんだっていうことをぜひ覚えておいてもらえたらと思います。