【老人ホームの資料請求】ライフル介護が初心者の方におすすめな理由と活用方法

こんにちは、総合病院で退院のサポートをしている看護師のさやみんと申します。

 

以前の記事、LIFULL介護(ライフル介護)はあやしい?評判口コミをまとめてみたで紹介した「LIFULL(ライフル介護)」について、資料請求の方法が簡単なので今回はその方法について紹介していきたいと思います。

ライフル介護ってどんなサイト?

 

ライフル介護は老人ホームなどの施設を検索するためのサイトで、かなり有名なサイトです。

施設掲載数はなんと38,000件以上もあり、画像を見るとわかるように全国対応なので日本人であれば誰でも利用できて安心ですよね。

 

元の名前は「HOME’S介護(ホームズ介護)」

ちょっと余談ではありますが、ライフル介護は以前は「ホームズ介護」という名前で運営しており、今でもこのホームズという名称で利用している方もいるようです。

 

しかし最近名前が変わったので、ホームズがなくなった?と心配している方は安心して利用してみて下さいね。

 

結論から言うと誰でも利用しやすい初心者向けの老人ホームの検索サイト

 

最初に結論を伝えてしまうと、このライフル介護は

  • 今までに老人ホームなんて全く知らなかった
  • 老人ホームの種類や選び方なんて全く分からない
  • 誰かに聞きたい・相談したい!

という初めて老人ホームを探す方にピッタリなんです。

 

その理由をこれから説明していきますが、もし「すぐに使ってみたい!」という方はこちらから施設探しをはじめてみて下さい。

以外にすんなり操作も出来て、簡単に検索・資料請求が出来ちゃいますよ↓

ライフル介護の公式サイトへ

ライフル介護の使い方と資料請求の方法

ではライフル介護の使い方と資料請求の方法まで詳しくお伝えして行きます。

1:まずは自分の地域で検索してみる

 

最初の画面に大きな日本地図が表示されているので、自分が探したい地域を選んでみましょう。

例えば「埼玉県」を選択するとこんな感じで地域別に表示されるので、どんどん地域を選択していきます。

 

2:状態が詳しくわかっている方には検索条件を利用するのもおススメ

 

施設へ入居するご本人の介護度や、老人ホームの種類があらかじめ決まっている方には、コリらの検索条件を利用した検索がおすすめです。

  • 地域
  • 費用
  • 介護度
  • 施設の種類

を自分の好きなように設定して検索できるので、1の地域別検索よりもさらにピッタリな施設をすぐに探すことが出来ます。

 

3:施設一覧を見て比較する

 

地域や検索条件で選んでいくと、施設がズラーっと並んだ一覧が出てきます。

そしてそこから

  • 自宅に近いか
  • 費用は負担できるか
  • サービスや雰囲気はどうか

などの視点で比較していきましょう。

 

決して「あ、ここに決めた!」なんて即決することがないようにしてくださいね。

そうやって多くの方が施設選びで後悔をしている現状があります。

老人ホームなどの施設選びで失敗する原因トップ3はこれだ!

 

4:気になった老人ホームはチェック&「比較検討リスト」へ

施設の一覧の右端に①チェックする箇所と②「比較検討リスト」というものがあります。

 

これは①のチェックに気になった施設をチェックしていくと、後でまとめて一括資料請求ができるというもの。

いちいち連絡先を控える必要もなく、とても楽に資料請求ができるのでここを活用しない方法なんて考えられません。

 

また②の比較検討リストは、また後でライフル介護を見返した時にすぐにその老人ホームの情報をリストに入れておいてみられるようにしておけるものです。

一番最初のページの右上に「比較検討リスト」があるので、そこから直結して気になった老人ホームを振り返ることが出来ます。

 

5:チェックした施設は「まとめて資料請求(無料)」から申し込む

気になった施設をチェックしたら、一番下にある緑のボタン「まとめて資料請求(無料)」をクリックします。

ちなみに施設は何個選んでも、資料請求は無料なので安心してください。

 

なので個人的には地域にある老人ホーム、最低でも3つ以上、出来れば5か所ほど請求してみてもいいかもしれません。詳しく見てみたい!という方には地域の施設全部をまとめて資料請求することも問題ありません!

6:住所などの情報を入力して完了!

 

その後は資料の送付先などを入力して、確認画面に進むと資料請求が完了します。

 

ここまでかなり簡単で初めての方でも無理なく操作ができやすいのではないかと思います。

サイトを使うなんて難しそうだな・・・

と感じている人にもぜひ利用してみて欲しいと思います。

 

 

ライフル介護はこんな人におすすめ

ここまで資料請求の手順を画像付きで紹介してきましたが、最後にライフル介護を利用した方がいい人と、ちょっと注意が必要な人についてお伝えしたいと思います。

まずはぜひおすすめしたい人はこんな方↓

はじめて老人ホームを探す人

地域別や種類別で施設を探しやすく資料請求も簡単なので、ネットの使い方がわからない!という方にもぜひ使っていただきたいサイトだと思っています。

また介護の情報や老人ホームのプチ知識なども乗っているので、見ていてもためになるサイトだといえます。

 

入居するご本人のことをしっかりわかっている人

中には入居するご本人のことを何も知らない遠方のご家族が、勝手に遠方の地域の施設への入居を決めてしまうなんてこともあります。

しかし老人ホームなどの介護施設は

「介護サービスや医療的ケアが本人にあっているか」

ということが重要になります。

そこがずれていると、施設選びの失敗の原因や入居後のトラブルにもつながる恐れもあるのです。

詳しくはこちら↓

安い施設は危険⁉失敗する老人ホームの5つの特徴とは

 

ですので、ちゃんとご本人のことを理解している家族が施設を探してあげて下さい。

 

こんな人はちょっと注意!

最後に老人ホームに入れたいと思っているけど、看護師目線で「ちょっと待った方がいい」という方について教えちゃいます。

入院中で状態が不安定な人

持病の悪化や突然の病気の発症で現在、病院に入院しているという方は、家族が独断で老人ホームを探すというのはあまりおすすめしません。

というのも、入院中は「急性期」といて状態がとても変わりやすい時期でもあるのです。

 

そこで施設を決めてしまうと、状態が変わってしまった時に施設側から

「聞いていた情報と違う」

といってトラブルにつながることも。

 

なので入院中にまずするべきことは、病院の相談員に相談することです。

私のような退院サポートの看護師や専門の相談員がある程度の規模の病院であればいるはずです。

 

その相談窓口に行って、老人ホームを検討しているという意思を伝え、一緒に退院先を考えていくということが重要になります。

認知症があって、生活が出来るか不安な人

 

また認知症があると、家族からの情報と実際の本人の状態に差があり、入居後に施設側で対応が出来なくなってしまい退所扱いになってしまったというトラブルも発生しています。

そのような事態を防ぐためにも、本人の認知症などの状態が入居可能な状態かどうか、体験入居などをして施設側に判断をしてもらうことをおすすめします。

 

ですので、家族が施設探しをどんどんすすめてしまうのではなく、施設側と本人の状態を共有しながら慎重に進めていきましょう。

まとめ

 

ライフル介護は初心者にも使いやすく、資料請求が簡単な老人ホームを探すためのサイトです。

なかなか家族としては「こんなネットを使うのはめんどくさい」「インターネットなんて怪しいんじゃないか」と感じて拒否をする方も多いのですが、私としてはどうしてこんな便利なツールを使わないんだろう?と思います。

 

確かにケアマネなどの相談員がいればいいのかもしれませんが、人の知識にも限界があります。

実際に退院のサポートをしている私達だって、施設のことについてはネットで検索して情報を得ている状態です。それだけ老人ホームの数も多く、どんな施設なのかを把握していくことは難しい現状があるのです。

 

だからこそ積極的にこのようなサイトを活用して、もっと効率的に施設探しをしてみてはいかがでしょうか?



ライフル介護以外のサイトも気になる方はこちらの記事もご覧ください↓
ネットで資料請求できる施設の検索サイトって?人気のサイトをランキングで紹介