老後や介護のことってなかなか口に出しにくいですよね?

そして一人で抱え込んで、心がすり減ってしまう・・・

 

そんな状態になって、私が働いている病院の相談窓口に駆け込んでくるご家族の方はたくさんいらっしゃいます。

「もっと早くに相談に来てもらえれば・・・」

「こんな方法もあるのに・・・」

 

って何度思ったか・・・

 

でも悩んでいるご家族は、目の前が見えずに不安な中、孤独でも必死に解決策を探しているんですよね。

相談をしたくても、どこに相談をすればいいのかわからないんだと思います。

 

そんなご家族の方々を見て、悩んで追い込まれてしまう前に、もっと気軽に相談できるできる窓口があったらと思いネット相談窓口を開設しました。

 

個別相談って何するの?

基本的な個別相談の流れをお伝えします。

本当であれば、実際に会って面談にてお話を聞きたいところなのですが、私自身が病院での相談業務があるため、難しいのが現状ですm(__)m

 

ですので方法としては、メールかLINEでの相談になります。

1:ヒアリング

メールやLINEを通じて、ご家族の今抱えている悩みをできるだけ具体的に教えていただきます。もちろん個人情報はしっかりと守りますので安心してください。

2:今抱えている問題点を抽出

ヒアリングに基づいた情報に沿って、

現状で何が問題なのかどこを改善すればもっとご家族が安心できるのか

を一緒に考えていきます。

必要な情報やアドバイスをパソコンやスマホを通じて提供させていただきます。

3:解決のための医療・介護サービスや地域で活用できるサービスをご案内

これからの介護や生活に役立つサービスや

「こんな方法もあるよ!」

といったツールなども紹介させていただきます。そして、ご家族と本人の意向に合った方法をご提案させていただきます。

4:継続したサポート

何かトラブルがあった場合や状況が変化した場合には、何度でも相談可能。何もなくても、状況などをお聞きするご連絡をさせていただくこともあります。

4:返信は不定期になりますのでご了承くださいm(__)m

個人的な事情で大変申し訳ないのですが、仕事の都合もありますので、1週間に2回程度のご返信を目安とさせていただきます。

その他緊急の場合などには、この限りではありません。

 

こんなことが得意です!

介護については「ケアマネジャー」という専門家がいるじゃないか!

 

というご指摘もありそうですが、私自身が強みだと感じているのは

医療の視点も取り入れた介護プランのご案内

です。

 

例えばこれから入居する老人ホームを探していたとして、すでに何かしらのがんの疑いがあるような場合もありますよね?

(現代では2人に1人ががんになる時代です。)

 

そのような場合、担当ケアマネジャーさんが、しっかりと

  • どの部位のがんなのか
  • 今後どのような治療がされるのか
  • 最終的な病状はどうなるのか

ここまで考えた老人ホームや介護サービスの提案をしてもらえるかどうかが重要だと考えています。

 

ケアマネジャーさんは介護に関してはかなりの専門知識をお持ちなので、私はそれには適いません(笑)

 

しかし10年以上、急性期がん専門病院に勤務していた経験が何よりの強みです。

 

例えば検査でリンパ腫や食道がんなどが見つかった場合には、今後口から栄養が取れなくなるかもしれません。

そうすると点滴・もしくは胃ろうを作る可能性もあります。

直腸がんの場合には人工肛門を作らなければならなくなることも・・・

今ではがんと向き合いながら、抗がん剤を飲み続けながら治療をする人もたくさんいます。

 

 

そうなった時に、入居していた施設や利用していたデイサービスなどから

「医療行為には対応できない」

と言われたらどうでしょうか?

 

または家に帰ることを楽しみにしていたのに、医療行為が必要になってしまったために自宅へ戻れなくなってしまう場合もあります。

 

私は現場でそのような患者さん、ご家族の落胆を見てきました。

 

でも今ではそのような方でも、医療・介護の両方からのアプローチで自宅や施設で生活することは可能になってきています。

そのために私たちのような看護師が退院調整という分野で、適切なサポートや必要物品の調整などを行っているのです。

 

  • せっかくお金を払って、入居を決めた施設を追い出される、
  • 今まで楽しく過ごせていた場所に戻ることができない
  • 大好きな自宅に帰れない・・・

 

こんな悲しい気持ちってあまりにもひどいじゃないですか。

こんなケースを少しでもなくしたいと私は強く思っています。

 

本人・家族が選んだ希望の場所でその人らしく生きる。

 

これが私の仕事の理念です。

長く語ってしまいましたが、このような医療・看護の得意分野を生かしたアドバイスをさせていただきたいと思っています。

 

こんなケースを得意としています。
  • 脳卒中、認知症、高次脳機能障害などの脳外科の分野
  • がんの方(抗がん剤治療や放射線治療をしている方など)
  • 医療処置が必要な方(点滴、胃ろう、ストマ、尿道カテーテル、傷や褥瘡の処置など)
  • お看取りを考えたケース(特にご自宅でのお看取りを考えている方、全力でサポートします)
  • 退院先で悩んでいるケース(自宅がいいのか施設がいいのか、など・・・)
  • 施設のことがよくわからない(有料老人ホームと特養の違いなど)
  • 入院中で医師から退院を迫られている場合
  • 入院中、縛られて抑制されてしまっている場合
  • 介護保険のことがよくわからない(手続き方法など)
  • 介護のリフォームについて知りたい

などなど・・・

 

 

申し込み・料金

介護や終活については、「1回の相談では解決できない」「継続したサポートではないと、ご家族の支えにはならない」と思っていますので、継続課金制度を利用させていただいております。

 

通常の場合ですと、相談、カウンセリングなどを含め月額2980円とさせていただいております。

高額だと思われる方も多いと思いますが、相談される方の中には

  • もう限界
  • 誰も頼れない
  • 誰を信じていいのかわからない
  • いろいろなことを言われて混乱している

といった本当に助けが必要な方がいるのも事実です。

そのような本気で困っている方にとって、ぜひ力になれればと思っています。

 

またあまり知られてはおりませんが、病院で介護や退院先についての支援を受けた場合、600点(約6000円)の費用が発生しています。

ケアマネジャーを利用すると、ケアプランの作成費用だけで最高1368単位(約13680円)がかかります。

 

 

こう考えると相談費用としては、そこまでぼったくりではないことがお分かりいただけるでしょうか(;’∀’)

 

 

しかし今まで何も私のことを知らない方にとっては不安だと思いますので、初月のみ500円とさせていただきます。もちろん合わないと思った場合には、初月のみの利用で解約をしてもらって構いません。

ぜひ私の相談の雰囲気を実際に確かめていただき、納得して継続利用をしていただければと思います。

↓相談申し込みはこちらから↓

[contact-form-7 id=”1968″ title=”個別相談申し込みフォーム”]

※この申し込みだけでは、相談会への登録が完了されません。

申し込み後、完了のメールを送らせていただきます。

そのメールに沿ってお支払いが済んだ方に、相談のご案内をいたします。

同時に最新情報やメルマガだけの実際の体験談なども公開中の介護ナビのメルマガ登録もさせていただきます。

ぜひ購読をしていただけると嬉しいです(*‘ω‘ *)

(嫌な方はお届けするメールから配信解除の設定が可能です。)

今後利用者数が増加し、キャパオーバーになるような場合には、人数制限や料金値上げも検討していく予定です。

他の相談窓口を知りたい方へ

私の個別相談は、寄り添った継続したサポートを目指しています。

しかしそんな私の設定している料金が高くてなかなか踏み切れない・・・と思う方もいるはず。

 

そんな方には、各介護サービスを紹介している企業が実施している介護相談をまずは利用してみるのもおすすめです。

【LIFULL介護】

かいごDB(介護DB)

このサイトは施設入居を検討している方に対して、無料で相談を実施しています。

施設入居を検討している方はこのような相談窓口がおすすめです。

 

このような相談窓口を利用すると、違った視点で考え、今後の不安の解消につながるので、悩んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?