親が施設入居などをし、誰も住まなくなった実家をどうにかしたいと思っていませんか?

このまま空き家として放置したままでは、固定資産税や相続税も発生してくるため、できるなら賃貸として貸し出して収益化したいと思う方は少なくありません。

しかし賃貸や建て替えとなると、費用面での不安もあり、誰に相談をしていいのかもわからず困ってしまいますよね。

今回はそんな親の空き家をどうにかしたいと思っている方に向けて、空き家を賃貸として貸し出す方法を紹介したいと思います。

親の空き家の使いみちと処分方法

まず最初に親が住んでいた実家をどのように対処していくかについて選択肢を挙げてみます。

  1. 自分が相続をして住む(そのまま住む・あるいは建て替えて住む)
  2. 売却してしまう
  3. 賃貸としてそのまま貸し出す
  4. 実家を新しく立て替えてから賃貸に出す

これらの方法が考えられます。

そしてこの記事では3と4の賃貸として貸し出す場合についてを詳しく解説していきたいと思います。

今の実家が賃貸ニーズがあるかどうかを考える

まず実家を賃貸として貸し出すことができるかどうかについて考えていきます。

つまり上記の選択肢のうち、

3:そのまま賃貸に出せる状況なのか

4:建て替えやリフォームなどの修繕が必要なのか

という判断をするためにチェックするポイントをお伝えします。

家屋の劣化状況や耐震性能はどのくらいか

賃貸として貸し出すためには安全面をしっかりと確認することが重要です。家屋が劣化していたり、耐震性能が条件を満たしてないような場合には建て替えやリフォームをしなければ賃貸物件をして貸し出すことは不可能になります。

このような家屋の状況を把握するためにも、家屋調査を専門スタッフに依頼し、調査をしてもらうことが必要です。

賃貸住宅として市場調査を行う

例えば駅から近いのか、広さや日当たりはどうかなどの土地の条件も賃貸の際には重要なポイントとなります。

どんなに状態のいい家でも、立地条件が良くないとニーズに合わず、収益化につながりません。

この場合も不動産業者や専門スタッフの意見を聞きながら、どのような土地が人気があるのか、賃貸物件としてニーズがあるのか同化を判断してもらいましょう。

売却した場合の査定額と賃貸価格との比較

賃貸にするのか、それともそのままの形で売却をしてしまった方がお得なのかということで悩んでいる方も多いと思います。素人視点ではこのような詳細な金銭面を予測することは難しいですが、不動産専門のプロであれば統計などに基づいた詳細な金額を提示してくれます。

このような判断材料があれば、自宅をどうすればいいのか決めやすくなり、損をせずに自宅の処分を進めていくことができます。

リフォームした場合の費用

上記の家屋調査などで、現在の状況では賃貸住宅として貸し出せないと判断された場合には、リフォームなどで住宅環境を改善する必要性が出てきます。

そうするとリフォームのための費用も発生することになり、そのリフォームにかかる費用と売却価格などを比較し、どの方法が最も利益が出るのかを比較し判断していくことが重要です。

賃貸か売却かの判断が難しい場合には

上記で説明したようなさまざまな条件をもとに、実家を売却した方がいいのか、賃貸の方が収益化しやすいのかを考える必要があります。しかしこのような専門領域は今まで何も不動産に関して無知だった方が判断するのは危険な領域といえます。

そのため、親の家をどうすればいいのか悩んだ場合には

  • 不動産鑑定士
  • 不動産コンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー

などの専門家に相談をすることが一番の解決法といえます。

無料でこのような専門家に相談できるサイトもありますので、そのようなサイトを活用して実家をそうすれば一番いいのかを考えていきましょう。

賃貸として貸し出す心得

では専門家からの意見も聞きながら実際に実家を賃貸として貸し出す場合の注意点についてお伝えします。

管理人の責任

もし実家を賃貸として他人に貸し出すことになった場合には、あなたは賃貸経営をすることになり、管理人という立場になります。

つまりその家の管理をすべてあなたが管理をしなければならないのです。

もし貸し出した家の設備に不具合があったりした場合には管理人のあなたが、修繕などを請け負わなけらばいけません。その分の費用は入居前などにもらうことはできますが、実際に修繕などを行うのは管理人の役割なので、その責任はよく理解しておきましょう。

他人の家になると思うべし

あなたが実家に思い入れがあり、それを残したいと思って賃貸にすることを決意したのであれば、賃貸として残る実家に愛着が湧くこともあるでしょう。

しかし賃貸として貸し出してしまえば、それはもう他人の家なのです。

そこで他人がどのように実家を利用しようとあなたが干渉できるものではないし、納得のいく利用がされなかったとしても、仕方ありません。

あなたがもし賃貸住宅という選択肢を「大事な実家を守りたいから」という理由で選ぶとするならば、実家を保存することにこだわりすぎることがないようにしましょう。賃貸として貸し出した実家は、「他人の家」と割り切る覚悟も必要です。

まとめ

実家を賃貸として貸し出す場合には、そのままの状況で貸し出す方法と建て替えやリフォームなどを行い、住みやすく作り直してから賃貸物件にする方法があります。

しかしどちらが実家の状況にあっているかは、素人の私たちでは判断が難しく、専門的なチェックが必要になります。

親の実家をどうするかで悩んだ際には、身近な不動産のスタッフに相談してみることが重要です。そしてアドバイスをもらいながらベストな実家の対処法を一緒に考えてみましょう。

もし身近に相談できる方がいない場合には、インターネットからでも実家の売却や賃貸にする相談などができるサイトがあるので、判断に困った方はこのようなツールを活用してみるのもおすすめです。

自分や家族内だけで悩まずに、専門スタッフを巻き込んで考えていきましょう。