ネットで資料請求できる施設検索サイトはどれがおすすめ?人気の3社を比較!

パパ

老人ホームをネットで調べてみたいんだけど、似たようなサイトがありすぎてどれがいいのかわからないんだよね。


ナース

確かに老人ホームの検索サイトってたくさんあるんですよね。


パパ

どこを選んでも一緒なの?


ナース

それは違うわ!検索サイトごとに特徴もあって

  • 施設掲載数が多いサイト
  • 地域に特化したサイト
  • 施設の種類が豊富なサイト
  • お祝い金がもらえるサイト

などがあって、利用の仕方によって便利にもなるし、本当に必要な施設が見つからなかったりすることだってあるのよ。


パパ

そうなの?じゃあ、どんなサイトが探しやすいのか教えて!!!


ナース

では一緒に検索サイトについて、調べましょう!

 

まずは利用したい施設の種類を理解しておこう

 

あなたはただ

「老人ホームや入れる施設を探したい」

と漠然と考えてはいませんか?

一口に老人ホームといっても有料老人ホームだけでも

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅

などの種類が多く、

医療処置や常時見守りが必要な場合には他の施設も考えなくてはいけません。

 

まずは利用する本人にとって、どんな施設が最適なのかを知っておく必要があります。

ここを面倒くさがって適当に施設探しを始めてしまうと、さらに手間がかかってしまったり、入所後に

「こんなはずではなかった」

と後悔することにもなりかねません。

 

では本当に利用するべき施設の種類は、どうしたらわかるのでしょうか?

もし入りたい老人ホームの種類がすでに決定している場合や、ある程度介護施設についての知識がある方は先のへ進んでくださいね。

 

ざっくりと施設の種類について知っておこう

 

実は老人ホームの種類や入居の条件などは施設ごとに決められることもあり、

特徴や条件もそれぞれ違いがあるため、一重に

「〇〇の方は△△の施設へ!」

といえるような状況ではありません。

現在では施設も増えてきて、私達のような相談員でもかなり選ぶのに苦労しているのが現状なのです。

 

そんな難しい施設選びを何も知らない素人が出来るわけないじゃないか!!!

 

という声が聞こえてきそうですが、まずはざっくりとでいいので施設について知っておけば大丈夫です。

大体の特徴がつかめると、その後の施設探しがぐっと楽になります。

 

では次にどんな老人ホームや介護施設の種類があるのかを見ていきましょう。

 

 

ただ住処を探したい場合

今は自立した生活が出来ている方で、特に何も手伝いを必要としていないような場合はまだ施設の入居なんて考えるのは早いような気がしますが、例えば家族がかなり遠方で何かあった時などが心配というようなケースは少なくありません。

そんな自分で生活は出来るけれど家族が心配してしまうようなケースは、いわゆる一般的なマンションやアパートなどのような賃貸物件と同様の施設を選びましょう。

賃貸物件といってもこのような高齢者向けの施設では、職員が安否確認などのしてくれるので、完全に人の目がないという心配がないため、離れて暮らす家族も安心出来る施設といえます。

 

このような家を借りるというイメージの老人ホームを選ぶ場合には

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 住宅型老人ホーム

を探してみましょう。

ちょっとしたお手伝いが必要な場合

自分で動けてはいるけれど、料理や洗濯、買い物やお風呂などの身の回りのことにちょっとしたお手伝いが必要な場合には介護サービスが利用できるような施設を選ぶようにしましょう。

  1. 介護付き有料老人ホーム
  2. 住宅型有料老人ホーム
  3. サービス付き高齢者向け住宅

1の介護付き有料老人ホーム24時間スタッフが常駐しており、介護サービスはすべてその施設内で提供されるため、介護度が重くなったとしても安心できるような施設です。

2の住宅型有料老人ホームは、1の介護付き有料老人ホームとも似ているのですが、介護サービスはその施設内ではなく外部にお願いする形となります。そのため好きなサービスを選択することが出来るのですが、その分費用も追加したサービス分高額になる仕組みになっています。

3のサービス付き高齢者向け住宅は自立した方を基本しておりスタッフの対応は1や2の施設と比較すると少ない施設です。こちらも外部のサービスを利用する形になるため、状態に合わせてサービスを組み合わせることも可能ですが、その分料金は高くなっていきます。

 

常時介護が必要な場合

おむつを利用していたり、寝たきりの場合などは24時間介護スタッフなどがいるような施設を選びましょう。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 介護老人福祉施設(老健)
  • 介護老人福祉施設(特養)

このような施設では24時間介護スタッフなどが常駐しているため、安心して過ごすことができます。

 

介護度が重い場合

介護申請をすでにしており、その中で要介護4や要介護5のような介護度が重い状態となっている場合には

  • 介護老人福祉施設(特養)

を申請してみるという方法もあります。

「とくよう」と呼ばれるこの施設は、かなり人気で長期間の空き待ちになることでも有名です。

しかし本人の介護度や家族の介護が難しいようなケースでは、全く待期期間がなくても入所が出来る場合もあるのです。

詳しくはこちら

【特養】入所できた介護度や状態と空き待ちの期間は?

特養だけを申請すると、空き待ちでいつ入所が出来るのかわかりませんが、

もしかしたら入所が出来るかも?

というような棚からぼたもち気分で他の施設と一緒に申請をしてみるのもいいでしょう。

 

認知症がある場合

 

認知症がある場合には、認知症に特化した施設がおすすめです。

グループホームと呼ばれる施設では「認知症」の診断がある方のみが入所できる施設で、自立した方たちが集団で生活が出来るような施設になっています。

 

医療処置が必要であったり病気の悪化が予測される場合

 

高齢者はほとんどの方に持病があるといっても過言ではありません。

では念願の施設に入居出来たとして、もしその持病が悪化して入院したり、注射や点滴、経管栄養などの医療処置が必要になってしまった場合にはどうなると思いますか?

 

最悪の場合、退所扱いとなってしまうこともあるのです。

以外にこのような病気に関する退所のトラブルは少なくありません。

せっかく高額な入居一時金を支払って入居出来たとしても、持病のせいで入居できなくなってしまうとしたら・・・

 

ぜひ施設を決める前に、持病や悪化しそうな病気はないか考えてみて、医療処置などに対応している施設かどうかも確認してみましょう。

 

医療処置があっても比較的受け入れてもらいやすい施設は

  • 介護老人福祉施設(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 療養型病床
  • 介護付き有料老人ホーム

等があります。

 

医療処置に関することはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

注射や点滴をしながらでも施設は入れる?受け入れ拒否されずに入所できる施設と基準とは

施設でインスリン注射はできる?老健、有料老人ホームなどの適応状況とは

 

どんな施設を探したいか決まったら資料請求できる検索サイトを選ぼう

 

ここまで施設について簡単にお話ししてきました。

ご本人の状態を考えて、ある程度こんな施設がいいなとわかったら、ようやくサイトを利用して資料請求をしてみましょう。

すべてのサイトが無料で資料請求や相談が出来るため、正直なところどれを選んでもトラブルになることはないと思います。

 

サイトを選ぶポイント

  • 希望の施設が掲載されているか
  • 自分の地域に特化しているか
  • 掲載されている施設数は多いか
  • サイトを利用するメリットはあるか

実は老人ホームの検索サイトといっても、すべて同じではなく、地域性があったり、施設の得意不得意があったりします。

そのようなサイトの特徴も含めて、下記のランキングで紹介していくのでぜひサイト選びにの参考にしてみて下さい。

私が実際に相談に携わった方の口コミや評判などをもとにランキングを作成してみました。

施設紹介の相談員ナースが選ぶ人気の老人ホーム検索サイトランキング

 

※順位のサイト名をクリックするとサイトへ飛びます。

順位 人気・口コミ 掲載している施設の種類 掲載している施設の数 地域性
1位 人気:★★★★

口コミ:4.3点

約38000件

 

9種類 全国対応

 

2位 人気:★★★

口コミ:3.5点

30万件以上 入居型施設:約7種類

在宅サービス:18種類

全国対応
3位 人気:★★★

口コミ:3.1点

約3000件 8種類 全国対応

 

 

 

1位:LIFULL(ライフル)介護

LIFULL介護(らいふるかいご)の特徴は

  • 掲載施設の種類と数が多い
  • 探しやすい

という点があります。

シンプルで、誰でも利用しやすいようなサイトといえます。

そしてこのLIFULL介護は私たち相談員も利用する、プロモ信頼できる掲載情報のサイトなんです。

LIFULL介護へ

 

2位:介護DB

介護DBはあまり耳にしたことがないかもしれませんが、実はかなり掲載している施設やサービスの種類が豊富で、上で紹介した人気の検索サイトとは別で、ぜひ利用してもらいたいサイトです。

 

上記のサイトでは紹介していないような

  • デイサービス
  • ヘルパー
  • 訪問看護
  • 訪問リハビリ
  • ショートステイ
  • 福祉用具貸与

などと言った、在宅で利用できるサービスまで掲載しています。

 

施設入居までではないけれど、一時的にショートステイを利用できる施設を探したいという方などにおすすめです。

 

また電話相談がなんと24時間無料!

いつでもどこでも相談が出来るというのは、他のサイトにはサービスです。相談員が親切丁寧に対応してくれるため、安心して利用できるサイトです。

介護DBへ

 

3位:探しっくす

探しっくすはランキングを見ただけではあまり、利用したいと感じる方は少ないかもしれませんが、11年の実績があるしっかりとしたサイトです。

 

そして細かな検索画面が特徴で、例えば「経管栄養」「吸引」などの必要な医療行為から、それが出来る施設を探すことも可能です。

さまざまな特徴で 施設を探してみたいという方にはおすすめといえるでしょう。

探しっくすへ

まとめ

 

老人ホームや施設を検索できたり、資料請求ができるサイトはたくさんあります。

しかしサイトごとに特徴や掲載している施設も違うため、自分が利用したい施設や、地域によって利用するサイトを選ぶようにしましょう。

 

ぜひ有効にサイトを活用して、納得のいく施設選びをしていきましょう。