スリッパなんて絶対ダメ!高齢者の入院におすすめな転倒防止シューズ「あゆみ」の靴とは 

 

入院時に必ず必要となる室内履き用の靴

 

あなたは家族が入院したらどんな靴を用意しますか?

まさかスリッパなんて言いませんよね。

 

入院時の靴は必ず守らなければいけないルールがあります。

 

入院時の靴の条件とは

  • かかとがあるもの
  • 紐結びではないもの
  • 底がゴム製などのすべりにくいもの
  • やわらかい素材で足にフィットするもの

 

 

私は病棟で働いていた時に

  • スリッパ
  • 学校用の上履き
  • クロックス

 

などなどレトロなものから今時なものまで、さまざま履物を履いた高齢の患者さんを見てきました。

 

でもこのような患者さんに限って、ふらついていたり、足がむくんでいたりと転倒の危険が高く、何度も危ない思いをした経験があります。

 

もし転んでけがをしてしまったら、入院管理をしていた私たち看護師の責任でもあるため転倒は本当に避けたい自体なのです。

ご家族にとっても高齢の家族の方が転んでけがをしてしまったら、二度と歩けなかったり、自宅での生活が出来なくなったりと大変な思いをします。

 

ですので、ご本人も家族も安心して入院生活が送れるよう、足にあった転びにくい靴を選ぶようにしましょう。

 

高齢の患者さんに人気の室内履き「あゆみ」とは⁉

 

病棟で働いていた時、患者さんの多くが履いていた靴、『あゆみ』

初めて見た時は、

「なんでこの患者さん、名前はとしこなのにあゆみなんて書いてあるんだろう。」

と思ったのを覚えています(笑)

 

 

その後もあゆみの靴を何度も目にするので、

「これはあゆみという靴の名称なのか!!」

と気づいた経緯があります。

さて、そんなに人気のあゆみとはどんな靴なのでしょうか!?

 

 高齢者の足に優しい作り

私はたくさんの高齢者の方と触れ合う機会が多いのですが、足の爪を切ったりする時になんとなく足を見ると、長年の歩行の勲章のように、タコや外反母趾、爪の変形などがほとんどの高齢者にはあります。

そのような足に上で書いたような足に合わない硬い靴などを合わせると痛みや変形を悪化させてしまう原因になってしまいます。

 

せっかくリハビリなどをしていても、歩行が苦痛になってしまうと、元も子もない状態に・・・

 

そこであゆみのシューズは、そんな高齢者の足を優しく包むような素材、形になっており、歩行をサポートしてくれるのです。

 

 

 

履きやすく履かせやすい

本人の状態にもよりますが、ケアをする上で大切なことは、

出来ることはやってもらう

ということです。

些細なことで構いません。

例えば靴を履く動作。これも簡単に言えば一言ですが、詳しく書くと、

+ 座位の状態から足を靴の中に入れる。
+ 踵をすべて入れて整える
+ マジックテープなどを貼り付ける

といったように細かい動作で表現することが出来ます。

 

この中で、足先だけでも靴の中に入れることが出来る方もいれば、すべて介助が必要な方まで様々です。

あゆみシューズは素材が柔らかいため、自分で履くのも、介助で履かせる際もとても楽にできます。

ちなみに、結構伸びてフイットしますので、高齢者にありがちな

厚手の靴下を履いている場合

でもスムーズに履くことが出来ます。

 

 

もし介護者が靴を購入するされる場合、高齢者の方はかなりの割合で寒がりの方が多く、厚手の靴下を履く傾向があることを念頭に置いておいて下さい!!

何より安全第一!!転倒予防にゴムソール

私たち看護師ならずとも、介護をする方が全て願うこと、それは患者さんが転ばずに安全に過ごせることです。

 

私たち医療スタッフは転倒予防の為に、環境を整え、本人にも歩行時の注意を促し、介助もしていくのですが、靴も重要なポイントなのです。

患者さんの中には、入院オリエンテーションの際に靴は踵があるもののみと伝えているにも関わらずスリッパタイプやクロックスサンダルのような履物を持参する方がいます。

 

どんなに環境を整えたり、移動時の介助に努めても、靴一つで患者さんの安全が守れなくなってしまうのです。

1度の転倒で患者さんが背負うリスクは図り知れません。

2度と歩行できなくなってしまう恐れだってあります。

あゆみシューズは転倒予防に効果的なゴム素材のソールになっていますので、濡れている洗面所などでも安全に過ごすことが可能だと思います。

まとめ

たかが靴、されど靴。靴一つが原因で寝たきりになってしまう可能性だってあるのです。

そして本人の力を伸ばす、維持できるような履きやすい靴をぜひ選んであげてくださいね。