はじめまして、退院調整看護師のさやみんと申します。

看護師歴は8年ほど。子育てをしながら働いているママナースです。

私は現在郊外にある小さな総合病院で、退院調整という仕事をさせてもらい、毎日5~10人程度の患者さんの生活や病気の相談の対応をさせていただいています。

「退院調整」って何?

 

退院調整ってほとんどの方は知らないと思うので、ちょっと説明をさせてくださいね。

病院に入院している患者さんは、すべてが入院前のようにもとの生活にもどれるとは限りません。

  • 体力が落ちてしまった
  • 認知症が進んでしまった
  • 家族がおらず、一人ではこの先不安
  • 病状が心配

このような理由で、元の自宅に戻ることが出来なくなってしまう患者様はたくさんいらっしゃいます。

このような患者さんに対し、退院に向けて支援をしていくというのが私の仕事です。

 

  • 元の自宅に戻って今まで通り生活が出来るか
  • 家族のサポート状況は十分にあるか
  • 介護の必要性はないか

などの視点で考え、必要であれば家族の方へさまざまな退院先を紹介したり、介護保険の手続きを促したり、施設への入居をすすめていくお手伝いをさせてもらっています。

 

このような仕事って影の黒幕みたいな仕事なので、存在感もなければどんな活動をしているのか患者さんや家族の方は全く分からないんです(笑)

 

それでも、相談員の気持ちはすべて一緒。

「退院しても患者さんが安心してその人らしく過ごせるように」

という気持ちです。

私がなぜこのブログを立ち上げたのかというと、ご家族の方にも私と同じ視点で、本人のことを考えてもらえたらいいなと思ったからです。

 

あなたは親の健康に無関心になっていませんか?

今の時代、高齢者の一人暮らしや夫婦のみの世帯が多くなり、家族は都心部などの遠方に住んでいるというケースが増えました。

その現状は仕方ないのですが、高齢になった親のことをいつまでも「元気でいるから大丈夫」と思い込んでしまっているご家族がとっても多いです。

無関心な家族とは?

熱が出て動けなくなり、緊急入院になったおばあさん。

 

家族はかなり遠方に住んでいるようで、病院のスタッフからお子さんたちに電話をします。

そして病院に来て今後のことを一緒に相談をしようとしますが、

 

男性 笑顔

  • 「今まで自分で生活出来ていたんだから大丈夫ですよ。」
  • 「介護保険なんてまだまだ必要ないんじゃないですか?」
  • 「本人は出来るって言ってるし、何も心配ないですよ。」

 

というご家族もいらっしゃいます。

本当は家に帰れるような状況ではないのに・・・

生活の視点を持つことが介護を考える第一歩

どうしても親はいつまでも元気でいるような気がしてしまいますが、人間として老いや死を迎える時がいつかはやってきます。

そのタイミングは誰にもわかりません。

 

でもそのタイミングがわからないと、病気や体力の低下を見逃してしまうことに。

対応が遅れてしまうと、病気が悪化していたり、介護のために家族の負担が増えてしまうことにもつながります。

 

どうしても親が元気なうちは、介護や終活は想像しにくいものですが、元気なうちから一緒に考え、話しておくことが家族みんなの安心につながると私は考えています。

 

一緒に家族の生活や老後のことを考えませんか?

ここを読んでいただいて、少しでも

「親のこと、少しずつ考えなくちゃ・・・」

と感じていただけた方に、無料のメルマガで親の生活を判断するための視点や、介護が必要になった時に役立つ情報をお送りさせていただいております。

 

無料メルマガの内容
  • 介護や親の老後にまつわるプチ知識
  • 自宅で元気に生活するための方法
  • 個人的に伝えたい雑談(笑)

などなど(*^-^*)

興味を持っていただけたら、お気軽にメルマガへ登録してみてくださいね↓